スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

米雇用統計 予想以上の改善

予想通り、雇用統計で為替相場はおおきく反応しました。

NY外為市場=ドル急伸、底堅い米雇用統計で景気回復期待強まる
http://jp.reuters.com/article/wtInvesting/idJPnJT852651120090807

これまでドル円の上値を抑えていた95-96付近のレジスタンスが今度はサポートとして機能しそうで、売りで決めうちをしていた向きには不利な状況が続きそうです。日本の個人投資家のドルショートも相当貯まっていたようなので、場合によってはこの個人投資家のポジションが損切りさせられるまで、ドル円の上昇がとまらない事態もありえるかも知れませんね。

今回の雇用統計で、米国の景気後退が終了したことが裏付けられたとの声もあります。そうなると、株式相場にも影響を与えることは確実でしょう。今年後半の景気回復を織り込む形で株価が下がりづらい状況が鮮明となってくれば、ドル円はますますさがらなくなりそうですが…

ともかく97highから99円台は絶好の売場という認識でいいと思います。しかし、テクニカル的には101.5円を越えて年初来高値を更新するような事態になれば、相場は新しい局面に移った可能性を示唆しており、ショートは全面撤退ということになりそうです。

テーマ:理解を深めながら資金を増やそう│ジャンル:株式・投資・マネー
外貨・FX | コメント(0) | トラックバック(0)2009/08/09(日)23:32

やはり雇用統計か…

ずーっとドル円は94-95.5のレンジなわけですが、これはめったとない大チャンス相場でありました。

こんなつまらないレンジ相場でもがっぽりと収益を重ねられるのはFXの面白さですね。

しかし、そろそろ相場も煮詰まってきたように感じます。

週末の雇用統計をきっかけに、このレンジ相場で貯まりに貯まったエネルギーが一方方向に動き出すんではないか?と期待しています。

テーマ:テクニカル分析│ジャンル:株式・投資・マネー
外貨・FX | コメント(0) | トラックバック(0)2009/08/06(木)09:16

日銀覆面介入の噂と実需の売り

為替市場で日銀覆面介入の噂がでまわっているそうです。なんでも大手生保に日銀幹部が「ドル円は92.8円なら買い安心感がある」と伝えたとか…。たいていこういう噂は単なるデマらしいのですが、選挙がすぐそこに迫っている以上、政権与党がなんらかの圧力をかけて…なんてこともあるかも知れません。

そして上値95円は多くの企業の想定為替レート。この近辺では輸出企業の実需の先物売りがでてきます。この売り圧力は相当なものとなるはずです。

とすれば、当面は93-95のレンジでは?

勿論、上下どちらかに抜ければかなりの変動となりそうです。ストップをしっかりいれてレンジ内逆張り戦略で挑みたいと思います。

テーマ:テクニカル分析│ジャンル:株式・投資・マネー
外貨・FX | コメント(0) | トラックバック(0)2009/07/24(金)20:16

NYダウ 年初来高値更新!

やけに強い相場が続きます。ついにダウが年初来高値を更新してきました。

もし株価上昇の裏付けが「景気回復」なら、正直なところ、今回のこの株価上昇は理解に苦しみます。

しかし、そうした株価のランダムウォークの原因・結果を解析することが本質的な目的ではないはずです。目の前で起こっている「現実」にどう対処するかです。

テーマ:テクニカル分析│ジャンル:株式・投資・マネー
株・日経平均 | コメント(0) | トラックバック(0)2009/07/24(金)11:25

日本の家計部門の貯蓄率低下が招く悲惨な未来とは?

↓Yahoo!みんなの政治で読んだ記事です。

貯蓄率急落の先にある悲劇/伊藤元重(NIRA理事長、東京大学教授)
http://seiji.yahoo.co.jp/column/article/detail/20090721-01-1401.html

いまのところ国内でファイナンスされている日本の財政赤字ですが、少子高齢化の進展とともに貯蓄率が急落しており、将来的に円の暴落や長期金利の急騰など何らかの問題を引き起こす可能性があります。

個人金融資産あるあるといわれているが
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/market/opinion/sawakami/sawakami_20090518.html

↑さわかみ投信の澤上氏のレポートです。

われわれのもつセルフイメージはすでに虚構なのかも知れません。

財政赤字を放置して、いまの豊かな社会を維持できるのでしょうか?

テーマ:理解を深めながら資金を増やそう│ジャンル:株式・投資・マネー
市況雑感 | コメント(0) | トラックバック(0)2009/07/21(火)21:53

調整局面か本格下落か?7/13週の株・為替

20090712ey.jpg

↑ユーロ円の週足チャート。

かろうじて25週平均線で踏ん張っています。しかし、これは切れそうな感じにみえますね。ともかく買ってみるにしても逃げ足ははやく。

しかし、強弱の思惑入り乱れた現在の株・為替の相場状況をボックス圏での動きと見れば、これは絶好の押し目にもみえます。日経平均は9000円くらいで軽く買ってみたいみたい気もします。

テーマ:テクニカル分析│ジャンル:株式・投資・マネー
外貨・FX | コメント(0) | トラックバック(0)2009/07/12(日)06:28

天井か…?正念場の7月になるか?

6月の米非農業部門雇用者数は46万7000人減少、失業率は1983年8月の水準に並ぶ9.5%に上昇。7/3のダウ平均は祝日前の手仕舞いがあったとは言え弱い雇用指標を受け大幅安。翌日の日経は安くはじまったものの終わってみれば60円程度まで下げ幅縮小。日米ともそろそろ弱い雇用=消費に焦点が移ってきた気配があります。消費が盛り上がらなければ経済の本格回復はないわけですから当然といえば当然ですね!

揺らぐ景気回復期待、輸出株と小売株の逆転現象も
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-38858220090703?pageNumber=3&virtualBrandChannel=0&sp=true

しかし、雇用関係の指標は遅行指標ですから、ここだけみていても経済の大きなうねりは把握できないわけですが…。ただし米国金利の動向には相当な影響があります。はっきり言って雇用統計が大幅に改善されるまで米が利上げに転ずる可能性は皆無であり、まだまだドル安円高の流れは続きそうです。

ドル円はここのところレンジ。ユーロ円もレンジ。資源国通貨もレンジ。ただし、ここのところの期待先行からの欧州通貨・資源国通貨の上昇もそろそろ限界との声もあります。

株・為替とも安易なロングは怖そうです。この揉み合いの抜けた方向をしっかり見定めたいと思っています。

テーマ:資産運用│ジャンル:株式・投資・マネー
市況雑感 | コメント(0) | トラックバック(0)2009/07/05(日)11:09

新興国の強さにつけ!

今朝の「あさカブ」で、すでに新興国の株価がリーマンショック前の水準を回復してきているというような話がでていました。

はたして、これは過剰流動性にともなう単なるバブルなのでしょうか?

水野和夫氏はサブプライムローン・バブルを含む金融バブルで積み上げられた莫大な金融資産は、徐々に新興国の実物投資にむかうだろうと予測しています。

これから数十年にわたる大きなトレンドのはじまりにいるのか?

自分自身の決断で、行動するしかありません。

テーマ:理解を深めながら資金を増やそう│ジャンル:株式・投資・マネー
市況雑感 | コメント(0) | トラックバック(0)2009/06/30(火)06:49

円高強まるか?6/22週ドル円相場の見込み

先週は株・為替とももみ合いという感じになりましたけど、今週(6/22~)はどうなるでしょうか?

ドル円に関して言えばチャート形は崩れてしまっており、ともかく底値を確認しなければ落ち着かないという様子に見えます。ただ市場はドルショートに傾いているようで、ちょっとした材料で円安方向に急騰という動きが続いています。天井目途は97.5、逆に底値は95.5を割ってくるか…。

95.5を明確に割ってくると上値で買ったロング筋は投げざるを得ないので次は93.5を目指す展開か?

97円台に噴き上げたら売って95円付近で打診買いというのが現実的な戦略ではないでしょうか?

日経平均は…NYダウが軟調ですね。好指標にも反応ウスです。円高傾向が強まればいっきに調整の下げがあるかもしれません。微妙な雰囲気です。

テーマ:テクニカル分析│ジャンル:株式・投資・マネー
外貨・FX | コメント(0) | トラックバック(0)2009/06/21(日)09:34

高所恐怖症…ここからの買い出動はやはり怖い?日経平均1万円台で定着できるか!?

ついに終値で日経平均が1万円台を回復してきたわけですが、こんな高いところで追っかけ買いしていては、2番底をつけに反落したときの痛手が大きすぎます。

とはいえ、高所恐怖症で怖がってばかりいては、置いてけぼり…なんてことも?難しい局面ですね。

しかし実体経済の傷はまだまだ癒えていませんし、一気に癒されるものではないはずです。ですから現在の局面は必ず訪れる調整局面をじっくり待つ、あるいは一段高となる状況が整ってくることをしっかり見極める時期なのでしょう。

しかし、押し目がほとんどないので、多くの投資家はこの上昇に乗り損ねているかもしれません。

テーマ:株式・FX・投資・マネー最新情報│ジャンル:株式・投資・マネー
株・日経平均 | コメント(0) | トラックバック(0)2009/06/15(月)06:56

«  | HOME |  »


プロフィール

ロココ

Author:ロココ
少しでも幸せな明日のために!
頑張りまっしょい!!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

いまいくら?

by 株価チャート「ストチャ」

News

FX スワップブログパーツ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

PR

PR

まずは口座開設から!

手数料格安ネット専業証券会社
多彩な投信を取り扱い!

個人投資家の味方!


住信SBIネット銀行口座の
同時開設をおすすめ
ノーロード投信も充実!

高金利のネット専業銀行
目的別口座は便利♪

あなたの為の、外為を
スプレッド(ドル/円)が
業界最高水準の1銭固定!

みんなのFX


安心の伊藤忠グループ


FX業界最狭水準のスプレッド

トレードスタイルによって選べる
ふたつの口座!

資産を育てるFX ヘラクレス上場
セミナーも充実

大証ヘラクレス 上場


「外為ゼロ」は全36通貨ペア取扱い


どこを選べばいいかわからない
FX取引会社の資料を一括請求
ALL外為比較

日経225miniの取引なら


ドルコストでじっくり資産形成
手軽に世界分散投資

ブログランキング♪

Amazonおすすめ本♪

相場天気予報


カウンター

ご注意

記事の無断転用を禁じます。このブログにおける情報内容は保証されるものではありませんので、万一このブログ記載の情報に基づいて取引を行ない損害が発生した場合でも、管理者は一切の責任を負いません。投資は自己責任でお願いします。


インフレ目標2%を断行せよ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。